一軒家

初めて新築住宅を建てました

家を持つ手

結婚を機に住宅の選定を行っていました。父がアパートを経営していたが入居者が居なくなり、古くなったのでそこに建てればいんじゃないのかという事になり、思い切って新築住宅を建てることにしました。
業者は、古くから付き合いのある建築屋さんにお願いしました。私は背が高い方なので空間のある天井の高く広々した家にしたいと設計に依頼しました。設計図面が手元にきて、正直さっぱりわかりませんでした。図面を見ても頭に浮かばないんです。しかたなく初めてなのでお任せすることにしました。
基礎が出来て家の面積が見えるようになりましたが、思ったより狭く感じ不安が出たのを覚えています。棟があがり、ここで気を付けた方が良いと言われたのは、棟梁さんたちへの差し入れを充実することです。
すると、見に行くと結構邪魔扱いされていたのが、親切に案内してくれるようになり、要望も聞いてくれるようになりました。壁紙や外壁といった選定には、想像を膨らませ選びました。
正直、小さい紙きれを見せられてもわからないのです。お願いする時に気を付けたいことは、新築住宅を建て終わる前に足を運び、気の付いたことをすぐに言う事です。出来てからでは遅いのです。出来上がり失敗だったのがトイレの位置でした。リビングに近くと思っていたのが、近いため音が筒抜けになってしまうのです。全然予想できませんでした。
やはり、新築住宅の建設は想像だけでは難しいと感じました。

Pick Up

建売の新築住宅の魅力と注意点

家族

新築建売住宅を昨年購入しました。建売の新築住宅は同じような家が並んで建てられるので他の家と一緒は嫌!という方にはお勧めでき…

Read...

新築住宅を建てる土地を選ぶ時の注意

家と電卓

我が家がマイホームを建てたときの経験から、新築住宅を建てる土地選びのときに注意した方が良いと感じたことを書きたいと思います。…

Read...

初めて新築住宅を建てました

家を持つ手

結婚を機に住宅の選定を行っていました。父がアパートを経営していたが入居者が居なくなり、古くなったのでそこに建てればいんじゃないのか…

Read...

新築住宅を建てるときに考えておく防災対策

リビング

我が家が新築住宅を建てた時の経験から、新築住宅を建てるときに考えておくべき防災の備えについて書きます。この度の熊本県を中心…

Read...